2019年元旦 金持神社初詣参拝

あけましておめでとうございます。
2018年も大変お世話になりました。m(_ _)m

2019年元旦、昨年の御礼とみなさまの今年の飛躍を願って恒例の金持神社に初詣に行かせて頂きました。

昨年は、初詣の大渋滞にはまってしまったので今年はチョット早めに出発!
お陰で渋滞に巻き込まれることもなくスムーズに到着できました。

元旦の朝日が雪に反射して眩しいほどでした。既に、県内外から多くの初詣で駐車場は満車一歩手前でした。
毎年、寒い中、参拝者の事故がないように誘導して下さる係の方に感謝感謝です。m(_ _)m

とはいえ、足元は積雪とツルツルのアイスバーン。気を抜くと「ツルッ!」っと滑っちゃいますので注意注意!

ゆっくり歩きながら、初詣の楽しみのひとつは参道に置かれた「石灯篭」

たまに参拝される方は気づかれないかもしれませんが、この石灯篭、普段は設置されていません。初詣の時会えるのが私の密かな楽しみなんです。(形が違うんですよ)

そうこうしているうちに、金持神社の鳥居に到着しました。

 凛と佇む鳥居が好きです。

一礼して、本殿までの階段を見上げると・・・・アレ?

 人がいない・・・??

昨年の元旦は、ありえないほどの初詣の人で怖いくらいだったのに・・・

2018年元旦の金持ち神社の風景はコチラ

駐車場は満車寸前だったし、確かに前を歩いている人もいたのに・・・なぜ?

という疑問をかかえながらも一段一段踏みしめて登っていきました。

最上段まで登っていくと、狭い境内の中に黒だかりの人達が・・・。

 ぎゅうぎゅう状態でした。(;^_^A

私は参拝するまで知らなかったんですが、元旦の朝、お祝いの獅子舞が奉納されるとのことで、初詣に来た人達も獅子舞が始まるのを待っていたんですね。(急な階段の上がぎゅうぎゅうなので、端にいるといささか怖かった(笑))

獅子舞が始まると、小さな子供や前列の参拝の方は獅子に頭をかじってもらっていました。
昔から「獅子に頭をかじってもらうと邪気を食べてもらえる」とか「ご利益がある」と言われていますからね。
金持神社の初詣で獅子舞に出逢えたことは、大幸運でした!

その後、私も今年の平和とみなさまの幸せを祈りました。

その後、御札や熊手を長蛇の列に並び購入させていただきました。

正直、金持神社までのアクセスは不便です。車がないとなかなか参拝しずらい場所にあるにも関わらず凄い人気です。

 御札を購入するまでに30分以上並びました(早いほうでした)

※昨年の金持神社の幕と社務所の幕の色が変わったことも楽しい発見でした。^^

2019年もみなさまに夢と希望をお届けするために心をこめてお祈りした後、神々しいほどの美しい朝日を見ながら今年も全力で、金運商品をお届けし、お役に立つ情報を発信していきたいと心から思っております。今年もみなさまのご多幸を心からお祈り致しております。

商品紹介

金の昇り龍は大自然の溢れるエネルギーの象徴。 最強の金運波動で、持つ者に無限の富をもたらす
≫画像をクリック
天に舞う金の「鳳凰(ほうおう)」は、 夫婦円満、陰陽合一という平和の象徴。 しあわせな金運をもたらす
≫画像をクリック
金の生地に飛び交う千羽の鶴は、 願いを叶える力が満ち溢れています。 長寿を象徴する吉祥の鳥でもある千羽の鶴が、 富と幸せを運んで来るという
≫画像をクリック
色とりどりに刺繍された桜は、 まさに「人生の春」を桜花(謳歌)し、 優しい桜色の生地が「光り輝く幸せ」と 「穏やかな愛情」を引き寄せてくれる
≫画像をクリック
漆黒の地に黄金糸で刺繍を施した鳳凰の金運はケタ違いの迫力 あなたの中で眠っている潜在的な金運を呼び覚まし引寄せる
≫画像をクリック
幸せを呼び幸運を持続させ、 生命力にあふれる吉祥金運を引寄せる
≫画像をクリック
「鯉の滝登り」は古来、金運向上・商売繁盛に 縁起がよく多くの金運を引き寄せ運が上昇する
≫画像をクリック
小花は、決して派手な花ではありませんが、 どんな環境にも負けず、凛とした強さを秘めています。 そんな、芯のある強さの金運を引寄せる
≫画像をクリック
PAGE TOP