金の元旦参拝札をお届けします

みなさま、いつもありがとうございます。心から感謝致しております。

先日、2019年11月の代理御祈祷の記事内に金の御札の画像を掲載したところ
後日「金の参拝札がほしい」「どうすれば買えるんですか?」というお問い合わせが多く寄せられました。


記事内で掲載した参拝札↓

いままでは、白い半紙に御朱印が押された1種類しかありませんでしたが、9月の天皇御即位を記念して「金の参拝札」をお作りになったと宮司様にお聞きしました。
この御札、本当にキラキラして美しい御札ですが、いつまでご用意して頂けるのか私にはわかりません。(;^_^A
とりあえず、「令和2年の元旦はありますよ」と宮司様からお聞きしておりますので購入できるはずです。

私は、来年の元旦も必ず金持神社に参拝致しますので、個々で弊社に問い合わせ頂いた方はモチロン、同様に金の参拝札が欲しいと思われる方がいらっしゃいましたら、一緒に購入してお送りさせていただこうと思い注文フォームをご用意致しました。

▶ご注文フォームはコチラ

※実際、金持神社(鳥取県)に、参拝されたくても、遠方だったり色々なご事情で参拝できない方もいらっしゃると思います。

ちなみに、この金の参拝札は、現在1枚500円で販売されています。(金持神社社務所でのみ購入可能)それに、弊社の本金箔入り引寄せマグネット(販売価格:980円)をお付けして、1セット1000円という福袋のような価格で販売致します。(笑)
※送料180円は別途必要です。(スマートレターにて発送予定)

数量に限りはございませんが、当日(元旦)社務所が大変込み合うため、事前に購入枚数を宮司様の方へお願いしておきますので、申し込み締め切りを、令和元年12月30日(月)23:59までとさせて頂きます。(申込フォームは自動的に閉鎖されます)

また、事前のお振込み等は不要です。年の瀬ということもあり、みなさんお忙しいと思いますので、商品と一緒に振込用紙(郵便局)を同封いたしますので、商品を受け取られてから10日以内にお支払い願います。

みなさまのご要望にお応えするかたちで、急遽立ち上げた注文フォームですが、私自身とてもワクワクしています。
なぜなら、一人でも多くの方と、金持神社の御祭神様とのご縁が紡げるようで嬉しくて仕方ないからです。

 

今年も、あとわずかとなりましたが、今年に引き続き来年も皆様にたくさんの幸せが訪れることを心からお祈り致しております。ありがとうございました。

 

商品紹介

金の昇り龍は大自然の溢れるエネルギーの象徴。 最強の金運波動で、持つ者に無限の富をもたらす
≫画像をクリック
天に舞う金の「鳳凰(ほうおう)」は、 夫婦円満、陰陽合一という平和の象徴。 しあわせな金運をもたらす
≫画像をクリック
金の生地に飛び交う千羽の鶴は、 願いを叶える力が満ち溢れています。 長寿を象徴する吉祥の鳥でもある千羽の鶴が、 富と幸せを運んで来るという
≫画像をクリック
色とりどりに刺繍された桜は、 まさに「人生の春」を桜花(謳歌)し、 優しい桜色の生地が「光り輝く幸せ」と 「穏やかな愛情」を引き寄せてくれる
≫画像をクリック
漆黒の地に黄金糸で刺繍を施した鳳凰の金運はケタ違いの迫力 あなたの中で眠っている潜在的な金運を呼び覚まし引寄せる
≫画像をクリック
幸せを呼び幸運を持続させ、 生命力にあふれる吉祥金運を引寄せる
≫画像をクリック
「鯉の滝登り」は古来、金運向上・商売繁盛に 縁起がよく多くの金運を引き寄せ運が上昇する
≫画像をクリック
小花は、決して派手な花ではありませんが、 どんな環境にも負けず、凛とした強さを秘めています。 そんな、芯のある強さの金運を引寄せる
≫画像をクリック
PAGE TOP