金運アップ?黄色の財布を本物の金運財布に変える方法

いつのころからか、金運=西に黄色。
黄色の財布はお金が貯まる・・・なんて都市伝説が定着していますね~。

≫こういう財布のこと

 

なんというか、、、
お正月から春分の日にかけての1ヶ月くらい財布を張る財布と読むといった心理的戦略にまんまとのせられて惑わされていませんか?

 

別に、春財布がダメだ。とか、黄色の財布がいけない。と言っているわけではありません。
風水を知らなくても黄色が好きで買う人もいると思うし、好きなデザインがたまたま黄色だったりもします。

そういう人達はいいんですが、黄色で金運を引寄せたいと思って買うのはチョット・・・というお話です。

お財布の色より大切なこと

残念ながら、黄色の財布を「持つだけ」では、お金は増えないんですよね~
うすうす、気づいている人もいるのでは?

・・・ていうか、そもそも、お金持ちの友人達が黄色い財布を持っているのを私は見たことがありません。

こんなことを言うと「じゃあ、お金持ちは何色の財布を持ってるの?」と聞く人もいます。
そうじゃないんですよ~。
その考えが根本的に違ってるんですよ。

お金を引寄せる力のある人は、赤い財布だろうと青い財布だろうと、もちろん黄色い財布だろうとお金を引寄せちゃうんです。

わかりやすくいうと、赤い磁石でも青い磁石でも鉄はくっつきますよね?
黄色い磁石しか、くっつかない。なんてことは起きません。磁石の色が何色でも、磁石なら鉄はくっつきます。
ですが、黄色い木材に鉄はくっつきません。

鉄=金運と考えてみて下さい。

わかりますか?
引寄せてるのはじゃないんです。

金運アップの近道

風水の有名な先生が、金運は黄色って言ってたから・・・

有名な占い師が今年のラッキーカラーは緑って言ってたから・・・

待ち受け画像をこの人にすると運気が上がるって聞いたから・・・

などなど・・・巷では色々言われていますが、あなたが、本気で金運を上げたければ、都市伝説に踊らされている自分に気づいて下さい。

お財布の色で金運を引寄せるのではなく、あなたが持ってしっくりくる財布、財布を見ていると幸せになる財布を選べばいいんです。そして、財布もお金も心から大切に思い愛して下さい。信じられないかもしれませんが、心からお金を愛するようになると、不必要にお金が出ていかなくなります。

まずは、支出を減らす癖をつけるのが金運アップの近道です。

黄色い財布を金運財布に変える

とはいえ、今、あなたが黄色い財布を持っていて、この記事を読んで「ショック!もう黄色い財布なんていらない」という気持ちになり、お財布を換えたくなってしまったのならチョット待って下さい。

ここからが肝心!

黄色=金運は望めないかもしれません。

しかし、縁あってあなたの元に来てくれた財布です。あなたが金運アップを願って買った財布なんです。(もしかしたらプレゼントされた財布かもしれませんね)

今日から、あなたがその財布を金運財布に変えていけばいいんです。

黄色=金運より、「あなた=金運」という公式にしてしまいましょう。

「私自身が金運なんだ」「私は何をやっても金運を引寄せられる」思い込めばいいんです。

あなたが金運財布の育ての親になればいいんです。
お財布を育てるうちに自然と金運も育っていくんです。
不思議でしょう?でもやってみた人の多くが「本当だった」と言われています。私のお財布布団も金運財布を育てるのに喜んで使って頂いています。

≫商品一覧(購入者の感想あり)

金運財布を育てた先に本物の金脈があるわけで、それを実行に移す人だけが金運を引寄せています。

そろそろ本気の金活をはじめませんか?

 


◆あなたは、どんな金運が欲しいですか?


金の昇り龍は大自然の溢れるエネルギーの象徴。
最強の金運波動で、持つ者に無限の富をもたらす
≫金運招福龍神はコチラ



天に舞う金の「鳳凰(ほうおう)」は、
夫婦円満、陰陽合一という平和の象徴。
しあわせな金運をもたらす
≫金運鳳凰錦はコチラ



金の生地に飛び交う千羽の鶴は、
願いを叶える力が満ち溢れています。
長寿を象徴する吉祥の鳥でもある千羽の鶴が、
富と幸せを運んで来るという
≫金運千羽望叶鶴はコチラ



色とりどりに刺繍された桜は、
まさに「人生の春」を桜花(謳歌)し、
優しい桜色の生地が「光り輝く幸せ」と
「穏やかな愛情」を引き寄せてくれる
≫金運桜爛漫はコチラ



漆黒の地に黄金糸で刺繍を施した鳳凰の金運はケタ違いの迫力
あなたの中で眠っている潜在的な金運を呼び覚まし引寄せる
≫金運黄金鳳凰羽根はコチラ



幸せを呼び幸運を持続させ、
生命力にあふれる吉祥金運を引寄せる
≫金運盛菊幸はコチラ



「鯉の滝登り」は古来、金運向上・商売繁盛に
縁起がよく多くの金運を引き寄せ運が上昇する
≫金運昇光吉鯉はコチラ



小花は、決して派手な花ではありませんが、
どんな環境にも負けず、凛とした強さを秘めています。
そんな、芯のある強さの金運を引寄せる
≫金運縁紡金銀花はコチラ

 

関連記事

  1. 運の神様のテストに合格したいあなたへ
  2. 金運を引き寄せるために脳の働きをうまく使おう
  3. 金運が欲しければ、のど元過ぎても欲を忘れるな
  4. 金運の正しい注文方法を知っていますか?
  5. 金運の波動にあなたの波動を同調させる
  6. 金運の袋に穴があいている人
  7. 金運が欲しければ即!金活行動をはじめよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP