脳内にも「けものみち」を作ろう

山を歩いていると、ちょっと脇にそれた所に「獣道(けものみち)」を見つけたりします。

狸とか、うさぎとか、鹿とか、イノシシとか、キツネとか、
何度も何度も、その小路を歩くことで、草が倒れできた道のことです。

そんな、「けものみち」のような回路が、私達人間の脳の中にもできるって知っていますか?

たとえば、毎日通う会社や学校までの道順や、日々繰り返すルーティーン、日課や癖ですね。

たとえば、珈琲を食後に飲むことが習慣になっている人が、飲みたいという欲求からではなく無意識に飲んでしまう行為。飲みたいわけじゃないけど飲むのが当たり前になっているから飲むんですよね。

また、休みの日なのにちょっと考え事をしていたら、無意識に会社へのルートに車を走らせていた。学校への電車に乗ってしまっていた。・・・なんてことありませんか?

私、結構あるんですよね。(笑)
だから、最近は「やることメモ」にルートを書いて目で確認しながら動いています。

で、何が言いたいのかというと、人は同じことを何度も言ったり、行動したり、考えたりすると脳の中に「けものみち」ができて、習慣になってしまうっていうこと。

悪口や愚痴や不満という「けものみち」が出来ている人は、無意識に陰で悪口を言い、まわりの人に愚痴り、不満そうにしています。本人に悪気はありません。
だって、無意識に歩いているだけですから。

反対に、感謝や褒めるや楽しいという「けものみち」が出来てる人は、無意識に何事にも感謝をし、まわりの人を褒め、楽しそうにしています。これまた本人に計算はありません。
なぜなら、無意識に歩いているだけですから。

こうやって文字にすると、多くの人が後者を望むと思います。だけど「けものみち」は、長く伸びた草を倒し、何度も通らなければできていきません。

「けものみち」ができるまでは、すごく違和感で、意識しないとできないし、慣れていないから恥ずかしかったり、人の目が気になったりするものですが、「けものみち」が出来てしまうと、呼吸をするようにできるようになります。

困っている人を見たら親切にしよう。
ゴミが道に落ちてたら拾おう。

道徳的にはわかっていても、できない時は「けものみち」ができていないんだな。って思えばいいんです。
そして、1歩づつでいいから、なりたい自分の「けものみち」をつくればいいと思います。
だって、自分の好きな「けものみち」は自分しか作れませんからね。

そして、この「けものみち」を、どれだけ多く作れるか作れないかが、人生を楽しく生きれるかどうかの別れ道だったりするんですよね~。^^

関連記事

  1. 温泉の湯が無料です♪
  2. 人生がマンネリ化してませんか?
  3. 自分が主役
  4. 2リットルの水とお金の関係
  5. 10万円を貯金!
  6. 画家たちの生涯
  7. 道路は素敵な景色です
  8. 神様っているよな~って思う瞬間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

商品紹介

金の昇り龍は大自然の溢れるエネルギーの象徴。 最強の金運波動で、持つ者に無限の富をもたらす
≫画像をクリック
天に舞う金の「鳳凰(ほうおう)」は、 夫婦円満、陰陽合一という平和の象徴。 しあわせな金運をもたらす
≫画像をクリック
金の生地に飛び交う千羽の鶴は、 願いを叶える力が満ち溢れています。 長寿を象徴する吉祥の鳥でもある千羽の鶴が、 富と幸せを運んで来るという
≫画像をクリック
色とりどりに刺繍された桜は、 まさに「人生の春」を桜花(謳歌)し、 優しい桜色の生地が「光り輝く幸せ」と 「穏やかな愛情」を引き寄せてくれる
≫画像をクリック
漆黒の地に黄金糸で刺繍を施した鳳凰の金運はケタ違いの迫力 あなたの中で眠っている潜在的な金運を呼び覚まし引寄せる
≫画像をクリック
幸せを呼び幸運を持続させ、 生命力にあふれる吉祥金運を引寄せる
≫画像をクリック
「鯉の滝登り」は古来、金運向上・商売繁盛に 縁起がよく多くの金運を引き寄せ運が上昇する
≫画像をクリック
小花は、決して派手な花ではありませんが、 どんな環境にも負けず、凛とした強さを秘めています。 そんな、芯のある強さの金運を引寄せる
≫画像をクリック
PAGE TOP